皮膚科クリニック看護師の生活

一般皮膚科看護師でも日々美容についてのアンテナを持つことが大切です

一般皮膚科と美容皮膚科の根本的な考え方は「綺麗に」です。

 

一般皮膚科と美容皮膚科は名目上分けられていますし、実際に保険診療と自由診療の違いがあります。

 

しかし根本的な考え方はどちらも「綺麗に。美しく。」です。皮膚科疾患と聞けばどのような疾患が思い浮かぶでしょうか?多くの方はアトピーやアレルギー、ニキビなどではないでしょうか。

 

皮膚科領域では、毛髪、例えば薄毛やカツラなども皮膚科領域として含まれています。患者さんが女性の場合もありますが薄毛では男性の方が多いでしょう。植毛専門の美容クリニックも存在します。この植毛専門クリニックは薄毛の男性が診療を受けることが多いようですが、女性の場合、円形脱毛症という女性としてかなり気にする疾患を罹患している場合もあります。

 

肌でいえば、アトピーやアレルギーが酷い女性の患者さんは、肌に直接触れるもの=化粧品についても神経質になるくらい、成分を注意しなければなりません。(そのためのパッチテスト、とも言えます)もちろん男性の方にもいえます。

 

これらのことからわかるように、私は一般皮膚科でも、美容皮膚科でも、実際は垣根なく、美を追求することが必要な科であると考えています。人は誰でも、綺麗でいたいもの。もしくは、普通でいたいと考えます。簡単にいえば、一般皮膚科の患者さんはは「異常を治療し、元の状態に戻したい。」美容皮膚科は「今のこの普通の状態よりも更に美しくしたい。」というのが患者さんのそれぞれの心理状態であるといえます。マイナスからゼロもしくはゼロからプラスに、と考えれば分かりやすいように思います。

 

患者さん、もしくはお客さんの気持ちを理解するにはやはり看護師もその気持ちを抱くことが大切だと思います。よって日々美容についてアンテナをはっておくことが、より患者さんの心理が理解できると思います。私は将来的には美容皮膚科にも勤務したいと思っていますが、現在一緒に勤務している看護師や診療補助、受付の方も全員美容に関してとても興味があります。皆女性ということもあるかも知れません。それほど、皮膚科という科は審美に近づくにはどうすればいいかを考える科であると言えます。

 

ここまでで全く美容に興味がないので皮膚科には向いていないという考えが浮かぶ方がいらっしゃるかもしれませんが、最初からそこまで美容にどっぷりと考えなくても大丈夫です。皮膚科疾患に興味があれば自然に美に対して考えるようになります。あせらずにゆっくり、皮膚科看護に携わっていきましょう。

 

 

 

皮膚科クリニックへ転職を考えているのなら

皮膚科クリニックの求人は地元の求人誌やハローワークにも掲載されていますが、看護師転職サイトの利用もお勧めです。

 

転職サイトの担当者に希望の条件を伝えれば、転職活動に時間がとれない方でも効率的に転職活動を進めることができます。

 

看護師転職サイトはマイナビ看護師がおすすめです。

 

看護師目線で丁寧に対応してくれ、無理に転職を薦めないのがモットーの会社で安心して利用できます。なかなか自分だけでは言い辛い給料交渉もしてくれますし、面接対策もしてくれます。全国の求人に対応してくれてとても頼りになります。

 

無料登録は以下よりどうぞ。
マイナビ看護師

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
TOP 業務解説 転職 給料