皮膚科クリニック看護師の生活

看護師が行う具体的な皮膚科の処置について

ここでは実際に私が勤務する一般皮膚科クリニックでのより詳細な処置内容を何点かお伝えしたいと思います。問診などは医師が診断する前に簡単には行うことを別途お伝えしましたが、今回は具体的な皮膚科の処置をお伝えします。

 

巻き爪の処置

かなり多くの患者さんが巻き爪で来院します。皮膚科ですのでもちろん対応します。私が勤務するクリニックでは診察室に置いてある足置きを看護師が問診時に得た情報から、セッティングしたり、医師が使うニッパーなどを使用後にアルコール綿でふき取ったりすることです。

 

軽度の巻き爪ですと、このように簡単に診察室で処置が行えますが、重度の巻き爪は電気焼射メスを利用して小手術を行います。その場合は当日に行うことはほとんどありませんので、後日予約を取っていただいて再来院するという形です。ですので時間を持って物品の準備は行えます。電気焼射メス以外にもワイヤーを爪の先、両端に埋め込み、広げていく方法(イメージとしては歯科矯正)がありますが、足ですので固定が難しく、あまり行わないのが現状です。この処置を行う際は麻酔を使用しますので、準備しておくと良いでしょう。

 

急性接触炎の処置

虫刺されなどでの処置です。これは軟膏の塗布にとどまりますので該当軟膏と、あればガーゼなど準備できれば良いと思います。医師がその都度、あれを準備してと伝えてきますので、わからない場合は聞きましょう。

 

腫瘍性病変の手術

これは基本的には切除、という手術になりますのでたいていの場合は提携先の病院へ紹介状を書きます。私が勤務するクリニックでは簡単な処置を行いますがまだこの手術をクリニックで行ったことはなく、基本的には勤務する皮膚科クリニックは形成外科にも近いものであるといえるかもしれません。

 

 脱毛レーザー

脱毛レーザーは私が勤務するクリニックには設置してありますが、地域的な問題から、少し郊外にあるためか、脱毛の予約は頻繁ではありません。また、一般皮膚科ですので土曜日の午後や日曜、祭日は休診です。美容皮膚科をめざしている方はやはり一般皮膚科クリニックでも、美容に力を入れているようなクリニックのほうが良いのかなと思います。

 

以上簡単に一般皮膚科で行う処置などお伝えしましたが、基本的にはそんなに難しいことはありませんし、パターンが決まっているので慣れれば本当にスムーズに業務が行えることでしょう。

 

 

皮膚科クリニックへ転職を考えているのなら

皮膚科クリニックの求人は地元の求人誌やハローワークにも掲載されていますが、看護師転職サイトの利用もお勧めです。

 

転職サイトの担当者に希望の条件を伝えれば、転職活動に時間がとれない方でも効率的に転職活動を進めることができます。

 

看護師転職サイトはマイナビ看護師がおすすめです。

 

看護師目線で丁寧に対応してくれ、無理に転職を薦めないのがモットーの会社で安心して利用できます。なかなか自分だけでは言い辛い給料交渉もしてくれますし、面接対策もしてくれます。全国の求人に対応してくれてとても頼りになります。

 

無料登録は以下よりどうぞ。
マイナビ看護師

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
TOP 業務解説 転職 給料