皮膚科クリニックの実態【自費診療のある美容皮膚科としての色が強い】

皮膚科クリニックの実態【自費診療のある美容皮膚科としての色が強い】

皮膚科と一概にいうと、実際には今現在多くの皮膚科クリニックが美容皮膚科、すなわち自費診療を組み入れているところが多いです。

 

私が勤務するクリニックでも脱毛レーザーを導入していますし、看護師仲間で他医院で勤務している看護師はビタミン注射も取り入れているとのことです。医療費の圧迫から診療点数が年々変更となっている現状があります。

 

皮膚科は特に手術等がないので診療点数が稼げないためやむを得ず自費診療である美容皮膚科もやっているのです。

 

このことからもわかるように、現状皮膚科クリニックはやはり美容寄りと言っても過言ではないでしょう。

 

皮膚科は看護力が低下する?

また、皮膚科のように、経過が容易に肉眼で確認できる科としては形成外科があります。都市部だと形成外科クリニックとして単科で開業されている医師もいますが、地方だとなかなか見つからないことが多いです。皮膚科や形成外科、美容皮膚科は特殊科にあたりますので今後「やっぱり病棟臨床に戻りたい」と思ったとき、就職時に感覚を取り戻すのに結構苦労するかもしれません。

 

もちろんみなさんの個人の能力差にも寄りますが、一旦特殊科に身を置くと一般的な「看護力」が低下することは間違いないでしょう。

 

私の場合、美容皮膚科に将来的には勤務したい目標がありますので、下積みの感覚で一般皮膚科で勉強させてもらっています。病変、疾患を実際に看護することで、そののちに続く美容へと看護ができるであろうと考えているためです。

 

一般皮膚科に勤務するメリット

もし、看護師として美容皮膚科に興味があるけれどいきなりサービス業に近い美容皮膚科(もしくは美容外科)に飛び込むのは怖い、不安だと思われる場合、私のように一部美容をかじっている一般皮膚科に勤務を考えるのもひとつだと思います。

 

やはり皮膚科の疾患を知ったうえでの看護は美容皮膚科に繋がりますし、患者様が悩むところや審美の感覚などすんなり理解できるように思います。

 

前述しましたが、ほとんどの一般皮膚科クリニックは美容を一部導入しているところが多いので、求人に応募される場合は該当医院のホームページのチェック程度で大丈夫だと思います。たいてい、「当医院は自費診療も行っております」等記載しています。

 

また、逆に全く美容皮膚科など自費診療に対して抵抗があり、完全なる一般皮膚科に勤務したいという方でも同様です。ホームページや直接問い合わせされると大丈夫だと思います。求人に応募、と告げなくとも、患者さんを装い、自費診療の有無を聞かれれば確実です。

 

今一度、自分がどのような特色をもった皮膚科クリニックに勤務したいか考えることが大切です。

 

皮膚科クリニックに転職するためには

 

皮膚科クリニックへ転職したいなら

皮膚科クリニックの求人は地元の求人誌やハローワークにも掲載されていますが、看護師転職サイトの利用もお勧めです。

 

転職サイトの担当者に希望の条件を伝えれば、転職活動に時間がとれない方でも効率的に転職活動を進めることができます。

 

看護師転職サイトはマイナビ看護師がおすすめです。

 

マイナビ看護師は看護師目線で丁寧に対応してくれ、無理に転職を薦めないのがモットーの会社で安心して利用できます。なかなか自分だけでは言い辛い給料交渉もしてくれますし、面接対策もしてくれます。全国の求人に対応してくれてとても頼りになりますよ。

 

無料登録は以下よりどうぞ。
マイナビ看護師

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
TOP 業務解説 転職 給料