受付(医療事務)と看護師との人間関係について

受付(医療事務)と看護師との人間関係について

前回は医師との人間関係「院長や医師と上手に業務を遂行し、人間関係を良好に保つには?」を書きましたが、今回はクリニックにおける受付、看護師との女性同士の人間関係についてです。

 

女性同士という意味で良い点もあれば悪い点もあります。

 

どの職場でもこれはいえますが、多くのクリニックや医院では院長以外女性の場合が多く、何かと問題はあると思います。幸いにも私が勤務するクリニックでは既婚者の方が多く、何かと気が利く方が多いので受付の医療事務の方とは良い関係性を築くことができています。

 

詳しく考えると仕事内容が全く違うので、院長や医師ほど距離が近くないのが本当のところだとは思います。皮膚科クリニックでは、この関係性なのですが、私が美容皮膚科に転職しようとした際に得た情報によると、美容皮膚科では医療事務の方は完全に受付係、兼カウンセラーを行っているとのことでした。

 

これはもちろん一般皮膚科では保険診療がメインですが、美容皮膚科では自由診療となるため医療事務の仕事内容であるレセプト請求を行わないためです。実際に私は美容皮膚科での就業経験がないので、受付と看護師との関係性はどんなものなのか実際のところはわかりませんが、間違いなく一般皮膚科と美容皮膚科では受付と看護師の関係性も変わってくるといえるでしょう。

 

また、私が病棟勤務から個人クリニックへ転職し驚いたことは、かなりの数の業者さんとの接点が多いことです。

 

医療用品を納品してくれる業者さんや、クリニック自体の警備にあたるセキュリティー会社の業者さん、また、電子カルテや医療機器メーカーの業者さんなど。数えればきりが無いのですが、クリニックに入職した途端に名刺の数がかなりの量となりました。これは病棟に勤務していたときには一切なかったことですね。

 

ですのでクリニック自体に目を向けることももちろんですが、やはり小さな組織だということを意識する必要があり、様々な職種、業種の方が関わっているということを再認識する必要があります。雑務、とは言いませんが、このような看護師の業務の範囲外のことも行う必要があるのがクリニック、医院で勤務する際の人間関係といえます。

 

難しく考える必要はありませんし、「なるほど。そうなんだ。」程度の納得で構いません。病棟にのみ勤務しているとどうしても世界が狭くなってしまいますよね。ですのでクリニックや医院に転職された際にはこのようなことがあるのだと、思っていただければ幸いです。

 

皮膚科クリニックへ転職したいなら

皮膚科クリニックの求人は地元の求人誌やハローワークにも掲載されていますが、看護師転職サイトの利用もお勧めです。

 

転職サイトの担当者に希望の条件を伝えれば、転職活動に時間がとれない方でも効率的に転職活動を進めることができます。

 

看護師転職サイトはマイナビ看護師がおすすめです。

 

マイナビ看護師は看護師目線で丁寧に対応してくれ、無理に転職を薦めないのがモットーの会社で安心して利用できます。なかなか自分だけでは言い辛い給料交渉もしてくれますし、面接対策もしてくれます。全国の求人に対応してくれてとても頼りになりますよ。

 

無料登録は以下よりどうぞ。
マイナビ看護師

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
TOP 業務解説 転職 給料