皮膚科クリニック看護師の生活

院長や医師と上手に業務を遂行し、人間関係を良好に保つには?

前回の記事「皮膚科クリニックの職場の人間関係、雰囲気について」に引き続き、人間関係についてです。

 

今回は院長・医師と上手に業務を遂行する方法とは?についてです。院長や医師、それぞれのクセを見抜くことが一番です。

 

医師によって使う物品が異なる クセを理解する

一番苦労するのが、医師によって同様の処置でも使う物品が異なるということです。

 

前もって準備していても自分が使う物品が無かった場合、医師にもよりますが、たいてい不機嫌になられます。

 

初めてつく医師には何の物品、薬剤を好んで使用するか、前持って把握しておく必要があります。 

 

私が勤務する皮膚科クリニックでは院長と後輩医師が非常勤で診察を行っています。医師は二名なので、まだ把握がしやすいですが、前日の連絡では院長が実施する処置が急遽非常勤医師に変更になったりすることもしばしばあり、ドタバタする場面が何度もありました。病院ではない、小さなクリニックでは頻繁によくある光景です。

 

今まで病棟でしか経験がない私はこの頻繁におこるイレギュラーな対応に今でも苦労していますし、おそらく慣れもありますが病棟勤務時代とはまた違った疲労を感じています。ごくごく小規模な職場で、人間対人間の距離がとても近いです。

 

医師と看護師ですとそれがなおさらの至近距離となりますので、医師との相性は重要であると思います。

 

また、医師にもクセがあるように、看護師である私たちにもクセが少なからず必ずなんらかあると思います。細かい話になってしまいますが、なにかを片付ける順番など。「これが私のやり方。」と理解してもらえないと、思わぬ勘違いを生む可能性もあります。

 

ただこの件に関しては、クセをつかむのは看護師サイドのみならず、医師サイドもぜひ意識していただきたい点ではあります。

 

決して脅すわけではありませんが、皮膚科クリニックに限らず、クリニックや医院という職場は院長含めスタッフが少人数ゆえ、人間関係が一旦崩壊してしまうと最悪の職場になることは現実としてあるので書かさせてもらいました。

 

クリニックは一度入職すると、その職場のみとなります。病院ですと部署変更など申し出ればできる場合もあり、退職しなくても良いのですがクリニックの場合はそれができないことが最大のデメリットかなと思います。

 

しかし看護師は間違いなく、転職は他の職種に比べて免許さえあれば転職できます。何度も転職を重ねているから、次の転職活動が上手くいくか不安とよく聞きますが、間違いなく問題ないといえます。クリニックは正直なところ人間関係が一番大切かなと実感しています。

 

私の場合、現在勤務しているクリニックでも少なからず上記のことがスタッフ間で取りざたされますが、一般皮膚科を勉強してからその次の職場を目指しているので、「勉強」と思えば、次のステップにも、毎日のもやっとした出勤前のブルーな気持ちも取り除けるのではないかと思います。決して経験は無駄にはなりません。

 

受付(医療事務)と看護師との人間関係について

 

皮膚科クリニックへ転職したいなら

皮膚科クリニックの求人は地元の求人誌やハローワークにも掲載されていますが、看護師転職サイトの利用もお勧めです。

 

転職サイトの担当者に希望の条件を伝えれば、転職活動に時間がとれない方でも効率的に転職活動を進めることができます。

 

看護師転職サイトはマイナビ看護師がおすすめです。

 

マイナビ看護師は看護師目線で丁寧に対応してくれ、無理に転職を薦めないのがモットーの会社で安心して利用できます。なかなか自分だけでは言い辛い給料交渉もしてくれますし、面接対策もしてくれます。全国の求人に対応してくれてとても頼りになりますよ。

 

無料登録は以下よりどうぞ。
マイナビ看護師

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 
TOP 業務解説 転職 給料